宝塚OGとなった明日海りおの「その後」が雑誌MAQUIAのインタビューに

退団後のジェンヌたち
画像出典: https://maquia.hpplus.jp/topics/account/news/life/EiYUkjc/
スポンサーリンク

仕事はしていますが、どうもオフィスに行かないとやる気というものが失せますね。
前回のスペイン風邪蔓延のときは100年前で、さすがにどんなに僕がジジイでもまだ生まれていません。というより僕の両親でさえこの世に出現していません。

現在のコロナ禍での百年前と違う点は、ネットで沢山の様々なニュースに家にいながらにして接することができるということですね。

ですから、僕ももちろんネットであちらをクリック、こちらをクリックしながら時間をつぶすことがあります。そして、ちょっとばかりいいサイトに当たることもあるのです。

今回当たったのはこちら。
MAQUIAという雑誌のサイトです。明日海りおの写真とインタビューが載っていました。

 

元宝塚歌劇団・明日海りおさんの素顔。今の心境と、未来への思いとは?
元宝塚歌劇団・明日海りおさんの素顔。今の心境と、未来への思いとは?

 

いやさすがにこの雑誌はなんだか女性のお化粧のことばかりで、僕には全くわかりません。
数週間前には七海ひろきのストーリー性のあるファッションということで、Kindleで某女性誌を買ってみましたが、それよりももっと「専門的」に化粧だけについての雑誌のようです。

困ったな。

ただし、オンラインのインタビューについては、少々感想を延べたいと思います。このインタビューが全てなのか、果たして雑誌にはもっと載っているかさえわかりませんが。すみません。

そのインタビューの中で、明日海りおはこう言っていました。

下級生時代、女役をいただくことが続いたときは『私は男役として必要とされていないのかな?』と悩んだこともありました。

 

これはもしかしたら『ME AND MY GIRL』で半年以上ジャッキーを演じていたときのことかな、と思い当たりました。

僕は何年か前の記事で、明日海りおのジャッキーについて触れていたからです。彼女のジャッキーはそれはそれは美しく、僕は彼女が男役だということが信じられないくらいでした。

 

花組東京公演「ミー・アンド・マイガール」−25年ぶりの東宝劇場と明日海りおのビル
25年ぶりの東京宝塚劇場です。すっかり変わっていて、というよりお隣の高層ビルの建築現場が恐ろしく大きくて、一体何ができるのだろうと見上げてしまいました。 いまの日比谷シャンテがある場所には昔日比谷映画という映画館があって、僕の年の離れた従...

 

そして、それが彼女にとって悩みだったということ、そして彼女の男役であることの難しさと切磋琢磨に改めて思い至ったのでした。確かに明日海りおの美しさは、男っぽさとは無縁の「女性としての柔らかな美しさ」だったからです。

だから、彼女はどうしたら「美しい男」または「女性から見た憧れの男」になれるか、日々研究に研究を重ねたのでしょう。

丸いアゴを感じさせないようなすっきりとしたリーゼントの作り方、低音の出し方、そしてそのまま歌に流れても音程のくずれない声。僕は2004年の「薔薇の封印」新人公演を録画で見たことがありますが、あのときのヘタクソな歌声がどうしたら10年もたたないうちにあのような美声になるのかと首をかしげました。

明日海りおは研鑽の人なのです。

そして、その彼女がこれから研音という後ろ盾のもと、研鑽を続けながらどのように女優として花開くのか、僕はそっと見守りたいと思っています。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村ランキングに参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました