古城都、健在! YouTubeの「古城都チャンネル」で宝塚時代を語る

ちょっと昔の宝塚
画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=pSJD8kXxsOg&t=17s
スポンサーリンク

たぶんすでに知らない若い宝塚ファンのほうが多いと思いますが、往年の男役トップスター古城都は現在79歳。
主催していた舞台の専門私塾「芸術塾」は現在閉鎖されていて、現在はどうしているのだろうと思ったら、健在も健在、YouTubeのアカウントを作って動画を続々とアップしていました。

往年の宝塚舞台、そして当時の男役の裏話など、とても興味深く懐かしいお話ばかりです。どれも3−5分、長くても8分ほどの短いものですが、当時を知るファンにとっては貴重なおしゃべりだと思いました。ぜひご覧ください。

以前僕も記事にしましたが、2014年の宝塚100周年のときの話についても出てきます。

 

退団公演「霧深きエルベのほとり」から45年、宝塚一の低音ボイス古城都は健在だった
古城都という往年のスターがいました。 1967年から1973年まで月組男役トップだったひとです。甲にしき、上月晃とともに当時「3K」と言われていました。まだ宝塚が現在ほど全国的に有名になる前の話です。今ではほとんどの公演が東京宝塚劇場にも...

 

この100周年を記念して創設された『宝塚歌劇の殿堂』には、古城都も宝塚歌劇の発展に大きな貢献をした最初の100名に選ばれました。

そればかりか、当時も今も低音の歌声を聴かせるコンサートを開いていて、先日はこんな記事を見つけました。鎌倉芸術館での来年1月10日のチャリティーコンサートです。
声楽家としても活躍する池田理代子との共演です。彼女が漫画「ベルサイユのばら」の作者だということは、誰でも知るところですね。

 

元宝塚トップスター 栄区在住 古城都さん 鎌倉芸術館でチャリティ公演  | 港南区・栄区 | タウンニュース
宝塚歌劇団の月組トップスターとして活躍した栄区在住の古城都さん=写真=が1月10日、鎌倉芸術館(鎌倉市大船6の1の2)でチャリティ公演を開く。  古城さんはこ...

 

これまでにも各地でコンサートを開催したり、ディナーショーで昔ながらの歌を披露したりと、古城都の精力的な活動には頭が下がるばかりです。

古城都はまだテクノロジーの発達していない時代の宝塚トップスターで、レコードやCDなどで彼女の昔の歌を聴くことはできますが、残念ながら映像は全く残っていないようです。僕が観たのは、先の記事も書いたとおり、初演の「霧深きエルベのほとり」です。映像が残っていなくても、写真を見たり彼女の歌声を聴いたりするだけで、当時の雰囲気がよみがえってきます。

いつかまた日本に行くことができたら、そしてそのときに彼女のコンサートがあったら、ぜひ現在のナマの歌声を聴いてみたいと思っています。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村ランキングに参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました